まつげエクステについて

自分のまつ毛を伸ばしたいと思っている場合や、傷んでしまっているまつ毛をケアするためには、まつ毛専用の美容液やトリートメントなどを使用すると効果があると言われています。さらに、まつげ専用の育毛剤なども販売されているようです。

 

しかし、そのような方法以外にもまつ毛エクステというものがあります。近年非常に人気が高まっているので聞いたことがある方も多いかもしれません。まつ毛エクステというのは簡単に説明をすると自分のまつ毛に人口まつ毛を専用の接着剤を使用して接着を行う方法になります。付けまつ毛と同じようなイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、付けまつ毛はまつ毛全体が一体となっているので、どうしても人工的な面が強く出てしまいます。

 

しかし、まつ毛エクステの場合には、自分のまつ毛に一本ずつ人口まつ毛を接着していくので、非常に自然で綺麗な仕上がりになります。お化粧自体薄く、マスカラなどはあまり濃くしなくないけど長さは欲しい、といったナチュラルメイクの女性に圧倒的な指示を得ています。また、付けまつ毛というのは瞼に直接接着しているのでどうしても汗や皮脂によってハズレやすくなります。

 

しかし、まつげのエクステは瞼に直接接着しているのではなく、まつ毛に直接接着をしているため外れにくく、より自然な仕上がりになるのです。もちろん、水にも非常に強いため、映画館で号泣をしても、結婚式で号泣をしても全く問題ありません。

 

もちろん、エクステの上からマスカラを塗っている場合にはマスカラが流れ落ちる場合もありますが、エクステは外れることはありません。もちろん汗にも強いのでスポーツをする場合でも問題はありません。ただし、クレンジングの際にはオイルベースのものは使用しないようにしてください。水には強いですが油には弱いので、クレンジングオイルで擦ってしまうと外れる可能性があります。オイル成分が含まれていないクレンジングを使用して優しくお化粧を落とすように心がけてください。

まつ毛エクステというのは顔の印象を華やかにすることができますし、毎日のメイクの時間を短縮することができる非常に魅力的なものです。基本的にはこのエクステは専門のサロンで装着してもらうか、もしくは自分で装着する必要があります。近年では自分で行なっても十分に自然な仕上がりになるため、多くの方がセルフでエクステの装着をしているようです。

 

しかし、自分で行うため、なかなか上手くいかない場合も多いようです。特に多いのは、まつ毛のエクステが上手に乗らない、というものです。まず一番に考えられる原因としては自分のまつ毛の状態が安定していないということです。例えば、カールやまつ毛の流れがバラバラな状態になっている場合です。

 

自分のまつげのカールであったり、毛の流れがばらばらでまとまっていないにも関わらず、その上からまつ毛エクステを乗せてしまうと、上手くエクステが乗らずにすぐに外れてしまう場合もあります。そのため、まつ毛のエクステを装着する前には事前に、まつ毛の毛の流れやカールを整えてまとめておくとエクステの装着時に安定しますし、より綺麗な仕上がりになります。

 

その他にもいくつかの原因が考えられます。例えば、自分のまつ毛が瞼に埋もれてしまっている場合です。鏡を良く見てみると、まつ毛が瞼に埋もれてしまっている場合があります。埋もれてしまっていると、その埋もれている部分のまつ毛にエクステがしっかりと固定されないために不安定で外れやすくなります。また、専用の接着剤の量が足りずに上手く接着されていない場合があります。

 

目に近い場所なので、つい怖くなって使用する接着剤の量を減らしてしまう場合があります。しかし、それでは上手くエクステが固定されないので、毛先がバラバラになってしまったり、チョットした衝撃でも外れてしまう場合があります。まつ毛のエクステは顔の印象を華やかにする事ができるとても便利なものですが、装着法を間違えると何度も装着し直しさなくてはならなくなります。そのため、最初にしっかりと正しい方法で装着するようにしましょう。

まつ毛エクステを装着すると、自まつ毛が抜けやすくなる、というのを聞いたことがありませんか?この情報は実は正確ではありません。正しくは、アフターケアを怠ると抜けやすくなる場合もありますが、アフターケアさえしっかりと行っていれば、自まつ毛が抜けやすくなるということはありません。また、まつ毛が抜けやすくなったというのが勘違いである場合もあります。

 

自まつ毛というのは、基本的に髪の毛と同じように生え変わります。つまり1日に数本は必ず抜けているのです。そのため、まつ毛のエクステをしている場合であっても、自まつ毛の生え変わりは行われています。

 

そこで、まつ毛のエクステを使用するようになって、まつ毛をよく意識するようになった時に普段抜けている程度のまつ毛であってもつい気になってしまうのです。まつ毛は必ず抜けている、ということを忘れてはなりません。

 

また、まつ毛のエクステを外す時に、専用の溶液を使用するのであればエクステも非常に簡単に外すことができます。しかし、無理矢理に外してしまうと当然まつ毛は抜けやすくなってしまいます。接着剤にくっついたまつ毛を引っ張っているのですから。そのような間違った方法でエクステを外していると、エクステを使用する前よりもまつ毛が抜けやすくなるというのは当然のことなのです。

 

また、毎日のクレンジングや洗顔の際にも注意が必要です。クレンジングを行う場合には、オイルベースのものは使用しないようにしましょう。オイルベースのものは、接着剤の粘着性を弱めてしまいます。まつ毛エクステをしている状態でクレンジングを行う場合にはオイルが含まれていないものや、まつ毛エクステ専用のものを使用するようにすると安心です。もちろん、ゴシゴシと激しく擦ってクレンジングを行うのはもってのほかです。これはまつ毛のエクステだけでなく、お肌に対しても大きな負担になってしまいます。クレンジングを行う場合には、優しく、撫でるように行うのが基本ですよ。

まつげエクステを施術してもらった後は、洗顔の仕方が普段と少し異なってくることがあると思います。まつげエクステを付けている時に注意しなければならないことが、いくつかあります。一つは、目元をゴシゴシと擦ってはいけない。ということです。

 

二つ目は、オイル系のクレンジングを使用してはいけない。ということなのです。皆さん、まつげエクステをしているからと言ってメイクを控えめにされる方ってあまりいらっしゃらないんじゃないでしょうか。大勢の方が、普段と変わらずメイクをされるのではないかと思います。人によってはより強い目力を。と考えてアイラインを引く方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

 

そして、寝る前にはクレンジングと洗顔をしますよね。その時の洗顔方法で、まつげエクステの持ちが非常に左右されるのではないかと思います。かと言って、エクステの持ちを良くさせたいから。とクレンジングや洗顔をおろそかにすることはできませんよね。普段、アイメイクをされる方はポイントリムーバーを使用される方が多いのではないでしょうか。ポイントリムーバーを使用する際は、手でゴシゴシと擦ると接着面が傷み、エクステが外れやすくなってしまうので綿棒などを使って優しく少しずつ、アイラインなどのアイメイクを落としましょう。

 

それでも、エクステへの影響が気になるという方がいらっしゃったら拭き取りのリムーバーなどを使って優しく落とす。というのもいいのではないでしょうか。次は洗顔の方法ですが、皆さんは普段どのような方法で洗顔されていますか?

 

シャワーから出る水を直接顔に当てている方いませんか?その洗顔方法は、まつげエクステにとても大きな負担がかかるので絶対に辞めた方がいい洗顔の一つと言えると思います。洗顔をする際は、洗面器などに水を張り、両手ですくって優しく顔にかけて洗顔することがオススメです。エクステは、刺激に弱いのであまり強く水をかけると傷む原因の一つになってしまうので注意が必要ですね。

まつげエクステは、太さや長さなどを自分の好みで選べるので、その上からマスカラを付けなくてもとてもはっきりとした印象の目元を演出することが出来ると思います。その為、まつげエクステを施術してもらってからは、マスカラをしなくても目元に自信が持てるようになった。という方も少なくないのではないかと思います。

 

それでも、やはりたまにはもっと目元に強い印象を持たせたい。と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。毎日のコーディネートの中で、特に目元の印象を強くしたいという時も少なからず出てくると思います。そんな時、まつげエクステを付けているにも関わらず、従来まで使用していたまつげエクステ専用ではないマスカラを付けてしまうと、エクステ同士が絡まってしまったりというトラブルの原因になってしまうので注意が必要になってきます。マスカラを使用する際には、きちんとまつげエクステに対応しているのか。

 

ということをきちんと確認してから使用するとトラブルなどを未然に防ぐことが出来ると思います。もしくは、まつげエクステを施術してもらったサロンなどで販売していることも多いと思うので、問い合わせてみるのもオススメだと思います。専用のマスカラを付けた場合でも、マスカラをオフする際は、ゴシゴシを強く擦ったりせず優しく丁寧に落とすことに注意が必要です。

 

専用のマスカラの中には、お湯でオフ出来る、というものもありますのでそういったものを使用することによって、強く擦ってしまうということも少なくなってくるのではないでしょうか。または、まつげエクステは基本的にオイルクレンジングが出来ないので、オイルフリーを表記されている拭き取りシートなどを使って優しく拭き取ってあげることで、エクステに負担をかけずにマスカラをオフすることが出来るのではないかと思います。やはり大事なのは、自分のメイク方法によってどのアイテムが使えるかや、どのアイテムが自分に合っているかを上手く見極めることだといえるのではないでしょうか。

最近では、自宅などを利用して自分で行う人も増えているまつげエクステですが、基本的にはサロンで施術してもらうという方が多いのではないかと思います。まつげエクステは、個人差はありますがおよそ3週間から1ヶ月ほど持つと言われています。

 

そして、それくらい3週間ほど経過すると、少しずつとれかかってきてしまいます。まつげエクステというのは、一気にすべてが外れてなくなってしまう。ということではなく、少しずつ外れたり一部分だけが取れたりしていきます。

 

そのような状態になってきた際には、施術をしてもらったサロンに行き、まつげエクステをオフ(外す)してもらいます。オフをする際には、専用のリムーバーが必要になってきますので自分で無理やり取ったりせずに、きちんとサロンの方の説明を受けましょう。サロンによっては、まつげエクステを施術する際にかかった料金とは別にオフの料金というものがかかってきますので、付ける前にアイリストさんなどにきちんと料金の説明を受けておくとトラブルなどを防げるのではないでしょうか。

 

ですが、まつげエクステは一気に外れることはないので、オフするのではなくリペア(エクステを付け足す)という選択肢もあります。一度完全にオフしてしまうと、また初回付けた料金と同じ額がそのままかかってしまいますが、リペアすると外れてしまった部分だけにエクステを付け足して元の形に戻すので、足した本数だけの金額だけになってくるので、まだ同様のエクステを付ける際にはリペアの方がオススメだと言えるでしょう。

 

次は、もっと強いカールと太さで違う雰囲気にしたいと思われたりする方などは、完全にオフしてからまた新たにまつげエクステを施してもらうということになります。服装や髪形、ネイルなどを変えるようにまつげエクステを変えることで自分の気分やスタイルに合った目元を演出出来てしまうのです。お洒落を楽しむ女性にとっては、もう既に欠かせないお洒落の条件になってきているのではないでしょうか。